「日本政策金融公庫」タグの記事一覧

創業融資に関するQ&A

Q1.創業融資の希望金額はいくらに設定すればいいのか?


融資の希望金額はいくらでも構いません。
とはいえ、なんで、その金額が必要なのかということを具体的に示し、何にいくら使うのか、きちんとした根拠を説明することが必要です。
そのため、融資の希望額を出すためには、事業計画を考えることが必要になります。

今までの融資借入平均希望額としては、300万円~500万円かと思います。

皆さん良く勘違いされているのですが、融資の金額が少ないから借りやすい、多いから借りにくいということではありません。




Q2.保証人・担保をいれれば融資は成功するのか?


一般的に、保証人や担保を入れれば、融資が成功する可能性は高くなるかと思います。
自己資金10分の1ルールもなくなりますし、利率も低くなります。
ですが、保証人・担保があるから、必ず融資が下りるかといえばそうではありません。
やはり、創業融資において借りられる、借りられないを分ける重要なポイントは今まで貯めてきた自己資金の額と事業計画書の内容です。




Q3.据置期間とは何か?


創業融資を受けた場合、もちろん受けたお金を返す必要がありますが、元金の返済を一定期間猶予してもらえる期間があり、これを据え置き期間といいます。
例えば、据置期間を6か月とした場合、元金の返済は、融資実行月から、6か月後の返済になります。




Q4.創業融資申請前に、事務所の賃貸借は必要なの?


一般的には融資申請時点で、営業所の場所が決まっているということは必要です。
ですが、正式に賃貸借契約まで結んでいる必要はありません。実際に事業を始める際に借りるであろう物件の見積書を添付したりします




Q5.創業融資の申請にあたり、必要な許認可はいつまでに取得すべきか?


融資にあたり創業に必要な許認可は、事前に取得することが原則ですが。
ですが飲食店の場合のように、開業の際には保健所の許可がいりますが、この許可は事前に取得しなくとも申請が可能な場合があります。




Q6・融資審査において実地調査は行われるの?


融資の際に、金融機関の担当者が、自宅や事務所に来ますか?(実地調査は行われるのか)ということをよく聞かれます。
来ない場合もありますが、一般的には融資決定後に来ると認識しておいてください。
この審査は、実際に営業所として使うことができるのか、申請の内容通りの規模や用途となっているのかということがチェックされます。




Q7.創業融資実行後の融資資金は申請どおりに使わなければいけないのか?


当事務所のお客様にも、よく聞かれる質問として、事業計画書の使途と、実際の資金の使途が異なった場合、金融機関に見つかってしまうか?という質問があります。
金融機関は融資企業の資金の使途を監視できる立場にありますが、実際にそのような資金使途の調査を受けたことがあるという話は聞きません。
だからといって、何かの拍子に、資金使途が異なることが金融機関に見つかってしまったという場合もあり、その際には規約違反として何らかの不利益を被る可能性もあります。






創業融資、事業資金融資申請、助成金申請を代行
お気軽にご相談ください

創業融資、事業資金融資申請、助成金申請の流れ   お客様の声

行政書士、社会保険労務士への無料相談   創業融資、事業資金融資申請、助成金申請のお申込み




下記の様な場合に当事務所をご利用ください

  • 平日の日中に役所に行く時間がない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 書類は作成できても、全体の流れがわからない。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。
  • 書類作成や手続きの仕方がわからない、手間や時間をかけたくない。



税理士、行政書士、社会保険労務士からの推薦

税理士、社会保険労務士、行政書士からの推薦




行政書士、社会保険労務士の守秘義務

行政書士・社会保険労務士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

行政書士・社会保険労務士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。



行政書士+社労士、1つの事務所で手続き

創業融資手続きだけでなく、行政書士、社会保険労務士による会社設立、電子定款、労働保険・社会保険加入、にも対応




創業融資、事業資金融資、助成金申請のお申込

社会保険労務士、行政書士業務のお申込

書類作成、申請の代行を承っております。
御見積も無料とおりますのでお気軽にお申込みください。




創業融資、事業資金融資、助成金申請のご相談

行政書士、社会保険労務士へのご相談

書類作成、申請に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。




創業融資、事業資金融資申請、助成金申請の対応地域ご案内

対面しての創業融資、事業資金融資申請、助成金申請手続き業務は札幌市、近郊などに対応。当事務所まで来所して頂けるお客様や、出張をご希望のお客様に対応させて頂いております。特に札幌でのご依頼を多く頂いております。

北海道 札幌市 石狩市 北広島市 江別市 小樽市

社会保険労務士、行政書士業務の対応地域とお申し込み


サブコンテンツ

このページの先頭へ